トップ 製作記録 プロフィール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作タイラー その2

こんばんは*\(^o^)/*


今日は長女の誕生日でして、朝起きて朝ご飯の時に、取り敢えず三人(私、嫁、長男)でハピバースデーの歌を合唱^o^


すると、満面の笑みで喜ぶかと思った娘さんが、何やら顔を抑えて…



あれっ、どしたん!?



覗き込むと、何と…



泣いてました(T_T)



嬉しくて、泣いたそうです。



なんかねぇ、こっちももらい泣きしそうに。


その後、夜は本番で、サーティワンのケーキ(アイス)にロウソク立てて、2回目の合唱^o^


今度は、満面の笑みで喜ぶムスメ。



アカン、幸せ過ぎるっ*\(^o^)/*



っと、感じさせて貰える1日でした。

ホントに子供成長は早く、でも確実にで。


大人も負けてられませんな。



さてさて、本日は、製作はお休みしてこんなん作ってました。







タイラー*\(^o^)/*!!


これまで、以前に紹介した3本だけで製作してました。


最近は、8月のオフ会でロクさんから、


ペーパーは600番までで充分、サフ吹で傷が消せるよ


っと、教わってからは、400番を2本にして使ってました。



それでも、ガンガンやすったら、直ぐに目詰まりなんですよね。



で、以前から不便に感じてたので、思い切って増産しました。



前回同様、100均で購入したアクリル板とジャンクパーツで作ってますので、製作費はゼロです。



ここで、もうひとつ。


この自作タイラー、これまでは幅約2センチの物だけでしたが、製作中、不便に感じることが良くありました。


それは、細かいところまでは、入り込んでヤスれないことでした。



なので今回、これまでの物プラス約4ミリの物も作ってみました。



これで、作業もだいぶ楽になり、ヴァカニューに専念できるっ(≧∇≦)


(はずっ)


それから、ペーパーヤスリをサイズ毎にカットしてたら、地味にめちゃ時間がかかりました。







明日は仕事なんで、製作はまた明後日以降に。



ではでは ( ̄^ ̄)ゞ
スポンサーサイト

自作塗装ブース!! ②

本日は、昨日に引き続き自作ブースの紹介を。




これは、昨日の写真と同じです。

写真では、換気扇のカバーが外れてますが、塗装する時は、きっちとハメて使います。

見てもらって、分かるとおり、手元で塗装した臭気を窓枠につけた換気扇が吸い取るという、構造は至ってシンプルなものです。


構造については、市販の物の様に手元のブースにファンをつけるのもあるんですが、そうすれば手元のブースにある程度強度が必要になります。

手元のブースをプラスチックの衣装ケース等で自作している方もおられますが、それでもホームセンターで買えば500円以上しますし、パスしました(^ ^)




手元のブース部分!!

ここは、ブース兼乾燥スペース兼収納庫となってます(^o^)
ただの段ボールを良く言い過ぎやろっ!!
っと言われそうですが、誰が何と言おうが、ブース兼乾燥スペース兼収納庫ですっ( ̄▽ ̄)

この手元のブースも大きさをどうするか結構悩みました。

だって、ネットで売っている塗装ブースは実物を見たことがないんだもん。
これを作るまで、エアブラシ塗装の経験もゼロ。

そんな時、自宅でミネラルウォーターの段ボール君が、
僕を使ってみる!?
と話しかけてくれたので(^o^)

使ってみた感想は、不満なしです。
大きさも丁度イイし、何より汚れが酷くなれば、即交換出来るのがよかったです。




ファン部分!!

ファンって言えば聞こえはイイですが、台所用の換気扇です。

高須産業株式会社製、FTー15って商品です。
ファンの大きさが15センチで、枠いれて17センチです。
ホームセンターで、確か3000円くらいで売ってたと思います。

このファンもどうするか、結構悩みました。
他には、シロッコファンやパソコン用の冷却ファンがあったのですが、電源の確保や値段等から台所用換気扇に決定しました。
台所用換気扇は、吹き返しが…ってのが結構ネット上でありましたが、使っていて特に問題は感じていません。

で、この換気扇に100均で購入したフックをつけて、ラック用の網目状の物を吊るし、そこにレンジ用フィルターを磁石でつけています。

この間の紫塗装の汚れが…

こんな感じで充分汚れもフィルターがとってくれます。
このレンジ用フィルターは、ホームセンターで400円くらいで、カットして使えば、数年は持ちます(^ ^)

ファンとブースの接続のダクトホースはホームセンターで1000円でした。
ファンカバーは、換気扇が入っていた段ボールで、当然サイズはピッタリだったので即採用(^o^)

ファンとブースの段ボールにダクトホースの口径より少し小さ目に穴を開け、固定してます。
小さ目に開けているので、ホースの固定には、テープ等は全く使用していません。



ファンを廻すと、奥の部分がパカッと開き、普段は閉じているというスグレモノです(^o^)

フィルターをつければ吸引力は落ちますが、それでも手元のブースからティッシュくらいなら、掃除機で吸い込まれるくらいの勢いで吸ってくれます。



ファンは、木材にカバーがスポッとハマる大きさの穴を開け、ビスで固定。




で、窓枠にはピッタリ合うように木材をカットして、通常の窓をはめるのと同じように、まず上部のサッシにハメて…



下部をサッシに、ガタンッとハメれば、ファン部分は全く動きません。

この調整はチョット面倒でしたけど。
これで、嫁に何か言われても、窓枠からサッと外し、ダクトホースからカバーとブースを外し、収納にもスペースを取りませんっ!!
思わず、
どうですか、奥さんっ!?
今なら、もう一個小型のブースをつけて、9800円でご提供!!
しかも、30分以内にお電話頂いた方には…

っとボケが長くなり過ぎましたが、テレビ販売のような感じに…

以上、自作塗装ブース紹介でした。

これから、自作塗装ブースの導入を考えている方の参考に、少しはなったかな!?

自作塗装ブース!!

本日は、ジャスティスガンダムの塗装を進めようと思っていたんですが、あいにくの雨…

階下に家族もいるため、いつもみたいに乾燥機をガンガンかけることも訳にもいかずっ。

でも、こんな時でも何か記事を更新しなければっ( ̄^ ̄)
っと思い、自作ブースの紹介となりました。

今年の春頃に製作し、おかげで部屋の中は臭いがこもることもなく、家族に迷惑をかけることも無く…
(こう思っているのは、自分だけっ(^o^)かもしれませんが…)

正直、公開出来るほどイイものではないんですが…

まずは、ブースの自作に至る経過等。

自称イクメンモデラーとしては、正直一ヶ月に趣味に費やせる兵糧は非常に限られておりますっ(T_T)

これは、それぞれ皆さんも同じでしょうが、それで何とか安くブースを作製できないかっ!?
と考え、ネット検索を繰り返した訳です。

正直言えば、換気しなくても大丈夫かなっとも少し考えましたが、高校生の頃、筆塗りで塗装していた時に、母親に

表でしやがれっ( ̄Д ̄)ノ!!

っと、叱られた思い出があり、嫁にも十中八九同じことを言われるだろうと考えを改めたのです(*_*)
(この時は、ツールウォッシャーの臭いを知らなかったので。初めてエアブラシ塗装して、手入れした時に、ブースは必須だと痛感しました。)

で、市販の塗装ブースを買うとなれば、少なくとも諭吉さんが1人、旅に出てもらうことになります。

そこで、何とかその半分位で…
をテーマに考えました。

検索していたら、自作ブースのメリットには大きく二つのメリットがあることに気づきました。

一つは私の主目的である、安価であること。

もう一つは、ある程度作業経験を重ねた方が、自分が最も作業しやすい環境にカスタマイズできるということ。

でした。

一つ目は、言わずもがなですが、二つ目の理由は、結構皆さんこだわりがあるようで、正直、
ブースを買った方が安いやん!!
って方が結構おられました。

まあ、私の場合はブース作製時点でエアブラシでの塗装経験はゼロでしたので、とにかく
安く作ろうっ!!
が出発点だった訳です。

それから、ブースの構造や素材等色々と自分なりに考え、完成したのがこちらっ!!



こんな感じです。

段ボールや家にあったDIYの半端材等を使い、結局五千円と少しで完成となりました。

ここから、自分のガンプラ人生は始まったのだっ( ̄^ ̄)

なんて、カッコつけてる場合ではありませんが…

明日は、制作途中の画像はありませんが、機能面を少し紹介させて頂きたいと思います。

自作タイラー

本日は~、ジャスティスガンダムの表面処理に入る前にこんな物を作りました。



タイラ~~~!!!


今までは、手に持ったりヤスリに巻きつけたりしてペーパーがけしていたんですが、広い面には
こんな道具がいるな~
って感じで、作りました。

わたくし、何でも自作派ですんで
( ̄ー ̄)
塗装ブースも自作ですんで、機会があればレビューしたいと思います。

材料は、ダイソーで調達したんですが、
え~っと、プラ板、プラ板っと。
おっ!(◎_◎;)あったあった。
あれっ、アクリル板!?
まあ、いっか~。
って感じ、土台はアクリル板にしました。
ちなみに、29cm×22cmで210円でした。(メッチャ余るけど(T_T))

これを、適当な大きさに切って、適当な取っ手を木工ボンドにつければ完成です。

本当に適当な取っ手で、MS遺棄事件で発見されたガンダムさんの足パーツと昔コンビニで買って息子に遊ばれていたブロッケンJr.さんにしました。
(悪魔将軍にするか迷ったんですが、悪魔将軍はトゲトゲでもちにくかったんで、却下となりました(笑))

ペーパーヤスリの接着は、両面テープにしようかと思ったんですが、着脱が面倒臭そうだったので、
これっ!!



同じくダイソーで2本1組の、
貼って剥がせるノリっ!!
にしました。

恐らく両面テープより面倒臭くないはずっ。



貼り付けるとこんな道具が感じです。
ブロッケンJr.さんの足元は、サイズをミスっています(笑)

後は、切ったペーパーを…


こんな感じで置いとけば完璧かと。

今回は、400、800、1500用に3つ作りました。
アクリルなんで、厚さ2ミリで取っ手をつければほとんどしならず、使い勝手は良好です。
なので、プラ板では2ミリでは薄いかもしれません。


以上自作タイラ~編でしたっ。
プロフィール

ゲンキ

Author:ゲンキ
エアブラシを勢いで大人買い!!
30過ぎで目覚めたガンプラ製作!!
何事も、日々勉強。そうガンプラも。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2369位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
329位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
Twitter
良かったら、フォローお願いしますm(_ _)m
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
更新チェック!!
人気ページランキング
逆アクセスランキング
フリーエリア
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。