トップ 製作記録 プロフィール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニコーンガンダムエピソード7見ました。

こんばんは~(^O^)


今日は、ユニコーンガンダムの感想記事です。

先日から何度か触れておりましたが、iTunesでレンタルしてくれてまして、高画質のHDバージョンで1300円!!
(通常版は1000円!!)

Windowsのパソコンでダウンロードし、HDMIケーブルで液晶テレビに繋げば、DVDで見るのと遜色なく見ることが出来ました。


ネットで見てると、ダウンロードがうまくいかなかったり、再生できなかったりと色々トラブルがあるようなんですが、我が家ではまったく問題ありませんでした。


レンタルしてから48時間は見放題だったので、3度見ました。


3度目はカブトの表面処理しながらだったので、音声とお気に入りシーンのみしっかり見る感じでしたがね。


正直、ワタクシ、ガンダムのアニメでちゃんと見たことがあるのは、このユニコーンシリーズと08小隊、0083だけです。


ファーストも中学生の時に、夜中にやってたヒーローは眠らない(だったかな!?)で放送されていたのを見たことはあるんですが、ほとんど覚えていません。


ですんで、ユニコーンを見てて、ブライトが出てんのに、

アムロは!?

なんて思ったりしてます。

そんな無知なワタクシの感想なので、やんわりした目で見て頂くと嬉しいです。

もちろん、間違いがあればご指摘もお願いします。

それでは、続きをポチっとお願いします。

当然、ネタバレを含んじゃいますんで、まだご覧になってない方は見ないでね(^O^)


まずは、率直な感想。


これまで、1~6を見ていてすごくドキドキワクワクで楽しんできたワタクシでしたが、7を見て、楽しさは正直減退(T_T)


ここまで勿体ぶってきたラプラスの箱の招待が正直???だったので。


ニュータイプを積極的に参画させるというのを何で隠したの?


ニュータイプの存在を公に認めることになるから??


いやいや、認められているから人口のニュータイプ、強化人間を作ったりしたのですよね???


じゃあ、ニュータイプが参画するとこの世にまずい事でも起こるの???


この辺りは、ファースト若しくはユニコーンより前の宇宙世紀のお話を見て、ニュータイプが何たるかを自分が理解していれば、合点いくところなんですかね!?

ここのところを私がちゃんと理解できていれば、もう少しユニコーンを楽しめたのかな!?

てなところです。

続けて、不満だった点をいくつか。


思わず突っ込んでしまった1番のシーンは、リディがラプラスの箱の秘密を知っていたこと。


知ってたんかいっ(/・ω・)/

ってなりました。


ビスト家とリディ家が当事者なので、知っていても不思議はないことはもちろん理解できています。


にしてもね。


パイロットになると家を飛び出したはずのリディ少尉。


ミネバを連れて戻り、ラプラスの箱の秘密に携わっているとは言え、不肖の息子にあっさり教えていいのかよ、ローナン議長!!!


それとも、リディ家では代々口伝されていたんですかね!?


それにしても、それを教えるタイミングとしては、???じゃないかと思いました。


信用するに足りる人物じゃない限り、いかに息子といえど簡単に口にできる事実ではないはずだと。


この辺りは、ワタクシの認識不足もあるかもしれませんが。


次に、序盤のマリーダとリディの戦闘シーンで、ミネバが突然後ろを向いて、手を合わせ...


リディ少尉...


と語りかけた場面。


以前の、

受け止めなさい、バナージ


は状況が状況ですし、一回だけなら許してあげようと思います。


特別な二人なので、緊急の状況でつながりあえたのだと。



せやけど、今回のは完全にテレパシーやないかいっ(/・ω・)/


なんぼなんでも、便利に使いすぎやろっと突っ込んでしまいました。


後、これは言わずもがななのかもしれませんが、フロンタルとの戦闘での、タイムスリップは完全に???


ネオジオングがエコーズの機体を操ったのも???


大佐ぁ、撃って下さ~いっ!!


って???  やり過ぎちやう!?


ラストシーンのサイコフィールドでコロニーレーザーを防ぐのいいんですが、ボロボロになったユニコーンの機体が修復してしまうのは、流石にやり過ぎちゃうの!?


ざっと上げますとこんな感じです。


ガンダムアニメ無知のワタクシなりに、これまでの1~6を見て、ガンダムアニメはリアルな世界観と人間臭いドラマに魅力を感じていたのに、エピソード7ではリアルな世界観、ドラマぶっ飛びの非現実的な展開に自分がついていけなかったのが、最終話でこれまでのドキドキワクワクの楽しさが減退したように感じた要因になったんだと思います。


ここまで、批判ばかりですが、もちろん見て良かったという感想があっての上での話ですよ。


それでは、良かったところもいくつか。


まずは、序盤の先頭シーン!!!


ガンプラ好きとしては、よだれダラダラでした。


ネイルアーガマに迫りくる敵、それを撃退する連邦、旧ネオジオン(ガランシェール隊?)、エコーズの連合軍。


ネイルアーガマにとりついた敵を迎撃するシーンなんかは、無重力感にかけてたので若干???でしたが、面白かったです。


次に、コンロイさんの活躍ぶり。


今月のホビージャパンに作例がありましたが、その渋い活躍ぶりに、ワタクシもコンロイ機を作ってみたくなりまくりました。


ハンドガンを単発で撃ったり、ナイフを使いこなすのが、いかにもゲリラ兵っぽくて、最高!!


ユニコーンは、亡ダグザ隊長、ジンネマン、ガランシェール隊のメンバー等中年オヤジ達がホントにいい味だしまくりで。


ここの所はホントに面白いですよね~(^O^)


次に、やっぱりマリーダさんですよね。


序盤でリディにやられた時には、余りに悲しくて。


リディを速攻やっつけて仇をうちたいくらいでしたね。


6の最終シーンで、自分の心に従えとのマスター(ジンネマン)からの命令で、忠実に自分の心に従い...


7では、リディにやられると分かっていて、でも自分の命を賭してでも世界を変えようとしたんじゃないか~なんて考えるといじらしくも、誇らしくもあって、とてもGOOD!!!


序盤に亡くなったのは、ホントに悲しかった(T_T)


後、ジェスタ三人衆の地味な活躍とコロニーレーザーを止めようとしたブライトさんの男気も凄く良かったですね。


止めてくれないのであれば、今日この時から私は連邦の敵になりますっ!!!


ん~、かっちょいい~(>_<)


長くなりましたが、ワタクシの個人的な感想はこんな所です。


では~(^O^)ノシ


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゲンキ

Author:ゲンキ
エアブラシを勢いで大人買い!!
30過ぎで目覚めたガンプラ製作!!
何事も、日々勉強。そうガンプラも。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2008位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
261位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
Twitter
良かったら、フォローお願いしますm(_ _)m
アクセスカウンター
検索フォーム
リンク
更新チェック!!
人気ページランキング
逆アクセスランキング
フリーエリア
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。